歯は、何歳ぐらいから生えてくるの?

乳歯
  上顎 下顎
乳中切歯 8−11ヶ月 6−7ヶ月
乳側切歯 11−12ヶ月 10−11ヶ月
乳犬歯 1才8ヶ月 1才8ヶ月
第一乳臼歯 1才6ヶ月 1才7ヶ月
第二乳臼歯 2才 2才
乳歯は、6ヶ月くらいから、下の前歯から生えてきます。そして、順次乳歯が生えそろっていき、2才ころになって、乳歯の歯列が完成します。(生えてくる順番も時期も個人差がありますので、おおよその目安程度に考えてください。もしも気になるようでしたら、当院に電話ででもお問い合わせください。)

ここで、大切なことは、「乳歯の虫歯は放っておいても、後から永久歯が生えてくるから、いいでしょ」と考えるのは大間違いだということです。
乳歯が虫歯になると、乳歯の下にある永久歯の成長に多少なりとも影響が及ぶことがあります。早い時期に乳歯が欠けたり腐ってしまったりすると、歯と歯の間のスペースが保持されなくなるため、永久歯がでこぼこにしか出てこられなくなったりします。

乳歯が永久歯と順番にスムーズに交換して(はえかわって)いくことによって、正しい永久歯の咬合(こうごう。かみあわせ)を誘導されるのです。


永久歯
  上顎 下顎
中切歯 7−8才 6−7才
側切歯 7−8才 7−8才
犬歯 9−11才 9−11才
第一小臼歯 10才 10才
第二小臼歯 10−12才 10−12才
第一大臼歯 6−7才 5−7才
第二大臼歯 11−13才 11−13才
歯は、生えてきたときは表面のエナメル質も非常に柔らかく、また、酸に対する抵抗力が弱いので、早い時期からの正確なブラッシング(歯磨き)の必要があります。子供は、うまく歯磨きができないので、親がブラッシングを補助してあげる必要があります。フッ素は、生えたての歯に塗布するのがかなり効果的です。



 
 
戻る