治療した歯がしみるのはなぜ?


虫歯の菌がしみこんだ歯の治療をするときには、まわりにひろがらないように虫歯の大きさよりも少しだけ大きく削ります。治療後の歯は以前より薄くなるため、刺激がすぐに、しかも強く伝わります。これが、治療後歯がしみる理由です。金属の詰め物や被せ物をしても、金属は熱を伝えやすいので、まだしばらくしみが続くことがあります。ただし、これも「二次象牙質(にじぞうげしつ)」(あるいは第二象牙質ともいいます)ができればだんだんとしみなくなってきます。

しみやすい状態がしばらく続くと、歯は神経を守ろうとして神経を囲むように新しい象牙質を削られた部分の直下につくり、それがだんだんと厚くなってくるのです。これが二次象牙質です。これができあがると刺激が神経に伝わりにくくなり、しみにくくなってきます。                    
しみなくなるまでの期間は、歯の状態や人によって1〜2週間から数ヶ月ぐらいまで様々です。特別冷たいものや熱いものに気をつけていれば、そのうち自然にしみなくなってきます。しばらく様子をみてください。




しかしながら、しみ方があまりにひどく苦痛を伴う場合には、遠慮せずに歯科医院に尋ねてみてください。きちんと対応してくれますよ。
 

もどる