妊娠中の歯科治療について


妊娠中の歯の治療は安定期(およそ5〜7か月目)に行うのが望ましいとされています。それ以外の時期でも、予防処置、応急処置などの治療はできますが、妊娠のできるだけ早い時期に検診される方が良いでしょう。

妊娠中には以下のような特別な状況になります

虫歯になりやすくなる
妊娠による身体の変化により、唾液が粘っこくなり酸性になります。また、つわりにより歯磨きがおろそかになったりして、歯になりやすい状態になります。

歯ぐきが腫れぼったくなる
妊娠すると歯ぐき多少赤くなったり腫れたりします。これが進行し、腫れがひどくなり出血を伴うことがあります(いわゆる「妊娠性歯肉炎」。妊娠性歯肉炎は、妊娠2〜3か月からみられ、妊娠中期に顕著にみられます

歯がグラグラする
妊娠3か月頃から始まり、出産直前まで続きますが産後は回復します。

口内炎の症状がでる
妊娠7〜8か月がいちばん多く出産後治ります。

歯や妊娠性歯肉炎は、歯磨きで予防したり改善したりできます。特に歯ぐきの腫れや出血には歯磨きがいちばんの治療です。つわりで歯磨きは大変だとは思いますが、がんばって歯磨きしましょうね産後、お母さんのお口の中に虫歯があると、口移しの食事などを通じて生まれた赤ちゃんにも虫歯の菌がうつってしまうこともあるので、できれば出産の前々に虫歯の治療をしておければいいですね。

おなかのなかの赤ちゃんの歯

いちばん早くできる歯は、胎生7週目からつくり始められます。この歯の芽を大切に育てるためにも、特にカルシウムを多めにとってください。カルシウムの多い食品は、乳製品、小魚、野菜、果物などです。胎盤を通過するカルシウム量は決まっているので、カルシウムを取りすぎても心配は要りません。
 

もどる