定期検診のすすめ
「怖くて行きたくない場所ってどこ?」っていうアンケートをとったとすれば、歯科医院は十番目までには出てくると思います。というか、悲しいかなたぶん栄光の第一位ぶっちぎりかもしれません。悔しいけど、
それほど、歯科医院のイメージって悪い。

痛くなったり腫れたりという症状が出てから初めて重い腰を上げて仕方なく歯科医院に行くというケースが大半でしょう。



その気持ち、痛いほどよくわかります。私だって小さい頃歯科医院にいくのがイヤでイヤでたまらなかったんですもの。歯科医院の今治水や正露丸っぽいニオイがイヤ、キーン、ズボボボッっていう音がイヤ、注射がイヤ、歯をけずられる時の感触がイヤ、歯型をとられる時のネッチョリ感がイヤ、歯科医院の雰囲気がとにかくイヤ、治療後の痛みがイヤ。あげればキリがないほどイヤな場所でした。


痛くなってからの治療は本当にたいへん。もちろん、悪くなってしまったものは仕方ないですから、きちんと治しておかなければなりませんが、歯科治療は症状が出てからの後処置のようなネガティブな治療だけではありません。痛くなる前の予防、口のなかの健康を守りまた増進するという、アクティブな治療もあります。


虫歯になったら銀歯を詰めてもらえば治る、というのは厳密に言えば正しくありません。人間がお父さんお母さんからもらった一本の歯さえ、歯科医師や歯科技工士には完璧には再現できないからです。全く元の状態には戻せない。いくら名人が作ったものでも、所詮人間の作ったものが本来の状態にかなうわけがありません。ひざこぞうをちょっとすりむいた場合には自然治癒がある、でも虫歯の穴は決してひとりでには治りません。ここに自然治癒しえない歯科の特殊性があります。


できてしまった虫歯は仕方ありませんからきちんと治したうえで、それ以上天然の歯を失わないように、今の健康状態を守り続け、増進する。このことには非常に高い価値があります。


「虫歯が多くて恥ずかしい」
「何でこんなになるまで歯医者に来なかったのかと、 先生に 叱られるんじゃないだろうか」

そんな心配は全く無用です。
それどころか、よく勇気を出して来院してくださいましたね、がんばって治療しましょうね、という胸いっぱいの気持ちをもって、あなたと一緒に頑張ってくれる歯科医院が、あなたの周りにはたくさんあるはずですヨ。
 

トップに戻る